1.PNG                                                                                                                                                2.PNG                                                                                                                                                詳しくはこちらへ                                                                                                                                                                                                                                                                                                         ↓  ↓  ↓                                                                                                                                               

2017年01月14日

電験三種が就職・転職・再就職に有利な理由

 電力需要が増大する現代において、電験三種などの有資格者には「電気主任技術者」と しての働きが期待され、社会的ニーズも高まっており、将来的にもまだまだ安定した ニーズがあると予測されます。

 事業用電気工作物の設置者(所有者)には、電気主任技術者の選任が義務づけられて いますので有資格者は就職にも有利ですし、職場でも責任ある地位や昇給も望めます。
 特に最近では保安管理業務の自由化に伴い、様々な民間企業がこの業務に参入しようと 有資格者を求めていますので、この資格を持っていることは就職・転職の決め手に なると言ってもよいでしょう。

 また、募集企業の事業内容や職種によっては必要不可欠な資格である場合も大変多く 見られます。
 省エネや地球環境問題などの関わりで、各種製造業の工場設備管理部門やテナントビル運営会社、 さらにそれらの電気設備工事会社などでも募集活動が行われています。
 就職活動において選択肢が広がっていることは確かでしょう。

 電験三種を取得していれば、70代の方でもビルメンテナンス会社等で働き口があるように 定年後の再就職に有利な点も魅力のひとつでしょう。
 また、電気の保全管理は定期的な仕事ですので、電気管理事務所を開いて安定した 独立自営の道を開くことも可能です。

 電験三種は、電気関連の資格として難易度も高いトップクラスの資格だけに、 他の資格と比べても、非常に強いアピールポイントになります。
 将来を見据えた資格取得としても大変有意義なものです。
posted by でんた at 10:34| Comment(0) | 電検3種とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

電験三種に期待されている事

電力供給の自由化が始まり、多くの企業が電力業界に参入してきた今日、 このような生活に密着した規制緩和が企業にとって新しいビジネスチャンスとも なっており、関係企業の電気主任技術者に対する求人も増えてきました。
 電気の安定した供給を当然求められますので、電気設備の保全管理がおもな業務となる 電気主任技術者への期待が一層高まっています。

 一方電験三種などの電気主任技術者の活躍が期待されるのは日本国内だけにとどまりません。

 原油高を背景に、すさまじい発展を続けるアラブ首長国連邦のドバイでは、超高層ビル が次々と完成し、中でも2008年には世界一の高さとなる800メートルを超えるドバイタワーが 竣工の予定であったりと、中東経済中心都市としてさらなる発展が進んでいますが、 それに伴い中東で極めて評価の高い日本企業にビル管理分野等でも受注が続いています。
 中東でも日本人の電気主任技術者の活躍が期待されているのです。

 また、電験三種は時代を担う国家資格の一つと言っても過言ではないでしょう。
 現代社会の動力源、電気設備の保安管理のスペシャリストだけにとどまらず、 地球温暖化を防ぐ官民一体プロジェクトの一環として、今や企業の省エネルギー対策 に必要不可欠な知識、技術として電験三種の重要性が見直され、さらなる活躍が 期待されています。


posted by でんた at 10:33| Comment(0) | 電検3種とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

電験三種の今後・将来性

今日の日本では、オール電化の住宅やマンションが急速に増加し、小型発電所も増え ています。 それにともなってますます電力需要が増大してくることが予測されます。 電力需要が増大し続けている今日、電験三種取得者の社会的ニーズは高まる一方です。

 また、社会問題の一つでもあり各企業にとっての最重要課題である省エネルギー対策の 最前線で活躍できるでしょう。

 また、平成12年から電力供給の自由化が高圧電気の使用者に対して順次行われ、 東京ガス、大阪ガス、日立、東芝などの企業が特定規模電気事業者(PPS)として 電力業界に参入しました。そして、それに引き続き、一般家庭向けを含む、電力供給の 全面自由化がすすみ、いよいよ利用者が電力会社を選ぶ時代の到来になります。
 このような生活に密着した規制緩和が企業にとってのビジネスチャンスとなり、 さらに多くの企業による電力業界参入が考えられます。

 もちろん、電気の安定した供給が求められますので、電気系技術者の確保は 各企業にとって必要不可欠であり、改めて電験三種などの電気系有資格者に 対する求人が増えるであろうと考えられます。

 電験三種の需要が今後ますます増えていくと予測される今後、資格取得者が 業務に就く上で扱う仕事の範囲も非常に広くなるとも考えられます。

電力エンジニアの世界でもインターネットなどの情報技術が大きな役割を果たすようになってくる ことも予測され、電験三種の取得者に対してもそういった知識や経験が求められるように なると考えられます。

posted by でんた at 10:32| Comment(0) | 電検3種とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
1.PNG                                                                                                                                                2.PNG                                                                                                                                                詳しくはこちらへ                                                                                                                                                                                                                                                                                                         ↓  ↓  ↓