1.PNG                                                                                                                                                2.PNG                                                                                                                                                詳しくはこちらへ                                                                                                                                                                                                                                                                                                         ↓  ↓  ↓                                                                                                                                               

2017年01月14日

電験三種の仕事のやりがい

電験三種などの電気主任技術者には、電気工作物の工事の監督のほか、電気を送り出す 管理室で電気が滞りなく供給されているかどうかや、故障があった場合の処理をする という仕事があります。
 電気は取り扱いを間違えると大きな事故の原因ともなるので管理責任は大きといえます。
 つまり電気を安全に供給、運用する際の監視人のような役割を担い、安全な電気利用には 欠かせない存在なのです。

 また電気保安事業も規制緩和の波を受け、一般企業からの新規参入が目立つようになり ますます電気主任技術者の活躍の場が広がってきています。
 活躍の場といえば、最先端のIT産業もしかり。電気がなければ始まりません。
 そんな情報社会の最先端を守っているという点でも電気主任技術者の仕事は大変 やりがいがあると言ってもよいでしょう。

 また近年、社会問題として非常に重要視されている地球環境の問題や、それに伴う 省エネの関係で、各種製造業の工場設備管理部門や手年とビル運営会社など、 さらにそれらの電気設備工事会社などで電気主任技術者への期待は高まっており 求人も増えています。

つまり、電気主任技術者は電気の安全だけでなく、地球環境を守る役割も担う 公共性と社会的使命の大変高い仕事であり、大きなやりがいを得られるでしょう。
posted by でんた at 10:40| Comment(0) | 電検について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

電験三種の就職先の見つけ方

電験三種の有資格者で関連企業に就職するためには、他企業と同じ方法で就職活動を する必要があるのは当然です。 ですが、電験三種の資格は就職にも転職にも大変有利な資格ですので、これを多いに 利用し上手く活動しましょう。

 就職先を探し求人広告を見てみると無線技術士や電気通信主任技術者の求人はめったに みることはありませんが、電験三種などの電気主任技術者の求人はビル管理の分野などでもよく見つけることができます。
 また省エネや地球環境問題などのかかわりで、各種製造業の工事設備管理部門やテナント ビル運営会社、さらにそれらの電気設備工事会社などでも募集活動がさかんに行われ、 募集企業の事業内容や職種によっては電験三種が必須である場合もしばしば見られますので よく情報を収集してみましょう。

資格を生かした就職活動として、WEBを使った求人情報の収集もおすすめします。
 IT系・エンジニア専門の就職・転職・求人情報サービスでは有名なところで 「ワークタンク」「インテリジェンス」などがあります。また転職支援サービスでは「リクルートエージェント」「リクナビNEXT」なども おすすめです。
 この転職支援サービスでは取得資格など履歴書を登録すると、一般公開されていない 多数の求人などを含む求人情報の中から適職を探し出してくれたり、企業からの オファーを受けることができるサービスがあります。

 これらのサービスなども利用しながら、資格を生かした就職活動を行いましょう。
posted by でんた at 10:39| Comment(0) | 電検について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

電験三種の給与・収入

 電気事業者及び自家用電気工作物の設置者は事業用電気工作物の工事、維持、 運用に関する保安の監督に当たらせるため、電気主任技術者を選任することが 義務付けられています。

 電験三種の有資格者の数はまだ少ないのが現状で、そのため、電力需要の増大して いる現代において、社会的ニーズ、収入、地位も高くなっています。
 電験三種資格を取得すると、職場でも責任ある地位や昇給が望めますし、電験三種資格手当などがつく場合もあります。

 以下に電気主任技術者に対する給与表示を含む求人の一例を示します。



−A社−
募集職種:  電気主任技術者(電験三種資格取得者以上)
業務概要:  電気の保安業務。変電設備の定期点検を主にお任せします。
勤務時間:  9:00〜18:00(休憩60分、実働8時間)
給与 月給:  25万円〜35万円以上  
年収:     3,000,000〜5,000,000円
休日休暇:  週休2日制(土・日)、祝日、夏季、冬季、有給休暇有り
資格:     電気主任技術者(3種以上)(=電験三種)


−B社−
募集職種:  受変電設備の保守点検(電気主任技術者)
業務概要:  受変電設備の保守点検業務です。
勤務時間:  9:00〜18:00
給与:     月給制
年収:      3,840,000〜6,240,000円
休日休暇:  休日:土日祝 週休:毎週 年間休日:120日
資格:     電気主任技術者(=電験三種)


−C社−
募集職種:  第3種電気主任技術者(=電験三種資格取得者)
業務概要:  工場内の電気系統の管理
勤務時間:  8:30〜16:30
給与:     年俸制
年収:     3,600,000〜5,040,000円
休日休暇:  休日:日他 週休:隔週 年間休日:93日
資格:     第3種電気主任技術者(電験三種)

posted by でんた at 10:38| Comment(0) | 電検について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
1.PNG                                                                                                                                                2.PNG                                                                                                                                                詳しくはこちらへ                                                                                                                                                                                                                                                                                                         ↓  ↓  ↓